心穏やかになる子育て応援ブログ

日々の想いや感じることについて

育休を取得してもしなくても頼りになるのはパパさんだと思います

厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を公表していました。
その中で気になったのが、育児休業取得者の割合で男性の育休取得率6.16%です。

私の感想としては、意外と多い!と感じました。普段全戸乳児家庭訪問の仕事をしていますが、育休取得をしている男性にはめったに出会えないからです。

育休を何日くらいとっているのだろうか?調べてみると平成27年度の結果を見つけることが出来ました。

 「平成27年度雇用均等基本調査」の結果概要(12P)

 

平成26年4月1日から平成27年3月31日までの1年間に育児休業を取得し、復職した女性の育児休業期間は「10か月~12か月未満」が31.1%、(平成24年度33.8%)と最も高く、次いで「12か月~18か月未満」27.6%(平成24年度22.4%)、「8か月~10か月未満」12.7%(平成24年度13.7%)の順となっています。

一方、男性は「5日未満」が56.9%(平成24年度41.3%)と最も高く、1か月未満が8割を超えているそうです。

 

少ないながらも、育休を取得していた男性にお会いしたなかで1番長かったのが1年?だったと思います。次に3か月。職場の理解が得られているのだと思いますが、とてもレアなケースでした。お会いしたのが1~2回なので、日常生活や心の変化、育児の向き合い方などこちらの想像でしかわかりません。

5日未満でも一応育休取得に入るんだ?とちょっと微妙ですが、育休として取得しなくても有給や夏休みなどと合わせて、産後休みを取っている男性ならばときどきお会いすると思います。

今は「イクメン」という言葉もありますが、その言葉がプレッシャーになっている男性もちらほらいると聞いたことがあります。産後のママのメンタルが不安定になるの

はホルモンが原因のことが多いのですが、男性はどうなんでしょう・・・・

 

ただ、普段産後の女性にお会いしてお話を聞いて最近変わってきたなーと思うことは、男性が意外にも家事に参加していることです。仕事から帰って食事を作ったり、茶碗洗いをしてくれたり、洗濯をしてくれるという男性が、断然私が子育てをしていたころより増えています!!男性が20代30代40代前半くらいまでは手伝う方が多いですが、50代になると家事が出来ない方が多いと思います(注・あくまでも私個人の感想です)

中学生から男子も家庭科を習うようになったから・・・と教えてくれた先生がいましたが、本当にそうかもしれませんね。

夜、子どもが泣いたら(仕事で疲れているのに)女性に変わって子どもにミルクを上げたり、抱っこしている男性もいます。

私が時々実施しているベビーマッサージ教室に両親できてくれて、とても楽しかったと言ってくれました。

 

産後の女性は、お産の疲れや慣れない育児で不安が多いので、1番身近で頼れるサポート役として男性には頑張っていただきたいです。

 

そういえば、テレワークが増えたと聞きましたが、テレワークをされた方はお子様と過ごす時間が増えて、子育ての大変さが実感できたのではないでしょうか?

3カ月間の記憶があまりないけど、もう7月でした。

気がついたら今日から7月になりました。

個人的には、6月が大好きです。6月21日に夏至があり昼の時間が長くて午後7時を過ぎても明るいのでなんか得したような気分になれます。なので、これから冬至に向かって徐々に日が短くなることを想像すると(気が早いですが)気が滅入ります・・・・

最近はエゾ梅雨で雨も多いのですが😭

 

2月頃からCOVID-19がじわりじわりと生活に影響してきて、北海道はいち早く緊急事態宣言がでて、そこから3月4月5月の記憶が今振り返るとあまりありません!!ステイホームで家にいたので、これといった目新しい変化はなかったので当たり前かもしれません。ただ振り返ると、気持ちがざわざわしていて①心配と不安②気持ちの落ち込みが激しくありました。

①心配と不安は、COVID-19 に感染したらどうしようです。4月の中旬までは、仕事で赤ちゃんに接していたので、まさしく感染源になったらどうしましょう!という不安でした。あと、ニュースがすべてCOVID-19 で、治療方法がなくワクチンもなし。発熱しても、検査までいけるの??と不安要素だらけ・・・②気持ちの落ち込みは、ステイホームすることが、自分のためにも周囲のためになるのだと思うけど、通勤を続ける妊婦さんや、里帰り分娩が禁止されたり、妊娠中にうける母親教室や両親教室が中止になり、妊婦さんのために何かしないと!産後のママや赤ちゃんのために何かしないとー!!と気持ちばかり焦り、特別何かできる行動力もありませんでした。

今は、以前のように赤ちゃんのところに訪問再開していますが、産後のママたちは夫立ちあい分娩ができなくても、また入院中面会が禁止されていて退院まで家族に会えなくても、皆様しっかりとお産を乗り越えていました。さすがです。女性は強いですね。

 

 

 

 

 

日常生活を普通に送ることが出来る幸せを忘れません

今年は新型コロナの影響により、新学期から休校となっていましたが、6月からようやく、分散登校という形からですが学校が始まりました。(地域により違いますか?)

5年前から、中学1年生に「命を考える学習」という授業の1コマとして、私は『体験を通して感じるいのち・赤ちゃんとの触れ合い』というテーマで体験したり、お話しています。赤ちゃん人形を使用して抱っこしたり、おむつや洋服を替えたり、実際に赤ちゃんに来校してもらい、赤ちゃんと遊んだり、お母さまに育児のお話を聞いたり、わたしは、普段産後の赤ちゃんのお宅に訪問をしていて気が付いたことなどお話しています。今は兄弟が少なかったり、親戚の子どもがあまりいなかったり、身近に赤ちゃんと触れ合う機会があまりないので、中学1年生でこのような体験をするのは将来のお役に立てるのではないかと信じつつ授業を行っています。

先日、担当の養護教諭の先生から連絡があり、今年度の計画が決まりましたー!と連絡がありました。今年は、赤ちゃんの来校はなくなったが、それ以外は予定通りやりますとのこと。子どもたちが1番喜ぶのが赤ちゃんとの触れ合いなので残念ですが、3密の危険性があるので仕方がありません。

いつもより、授業の予定が1か月くらい遅くなりましたが、少しずつ日常生活が戻ってくることを強く願います。

 

中学1年生・・・・

私の誕生日は11月15日。

1977年11月15日に新潟に住んでいた中学1年生の女の子が、中学校から帰宅しないまま、現在も行方がわかっていません。11月15日は必ずそのニュースを聞きますし自分の誕生日、それに私とその女の子が年齢が近いこともありずっと気にかけてきました。

月日が流れ、その女の子のご両親が実に穏やかに、誠実に語り続けるお姿をテレビで拝見することが多くなり「早く早く日本に帰ってきて」と願うことしかできなく・・・・

2004年に一機の飛行機が羽田空港に着陸し、大勢の人が泣いて抱き合ったり、笑顔の人がたくさんいる中に、あの女の子のお父様が映っていました。泣きながら、カメラを持ち写真を何枚を撮られていました。

お父様が写していたのは、女の子ではありません。その時に帰国された方がたです。

そのお姿を見た時に、「絶対に今度はお父様の笑顔が見られるはず。私の目標はこのお父様が女の子に再開した時の笑顔を見ること」と思いながら、私に何も出来るはずはありませんが、本当にそうなることを願っていました。

先日ニュースで、お父様が87歳でお亡くなりになったということをニュースで知りました。

悔しく悲しく残念でなりません。

 

今年に入り、新型コロナウイルスの影響で、日本中、世界中が日常生活を今まで通り送られなくなっています。当たり前の日常生活が送られる、学校に行ける、人に会える、親に会える、旅行に行くなど・・・どれだけ幸せなことなのか。

子どもと一緒にこの困難を乗り越えていくことが出来ることに感謝しなければいけませんね。

f:id:hokkori-baby:20200607211709j:plain

 

 

 

 

寝不足の原因はわかっていますが、寝不足は育児の大敵です

私は母子保健訪問指導員という行政の委託仕事をしていますので、今までたくさんのお母さんや赤ちゃんにお会いしてきました。

産後のお母さんや赤ちゃんが、出産後産院を退院して順調に体が回復しているか?母乳やミルクを飲んで正常に体重が増えているか?日常生活が負担なく送れているか?お父さんやご家族の支援はあるか?などを聞かせていただいたり、ベビー体重計を持参して赤ちゃんの体重を測定したり・・・そして1番大切ですが、産後の気持ちが不安定になっていないか確認させていただいています。

初産のお母さんは、赤ちゃんのお世話がすべてにおいて初めてなので心配になったり、これで大丈夫なのかな?と不安になったり・・・・

赤ちゃんが泣くとお母さんは夜通しあやして寝不足にもなり、体力的にも精神的にも限界!!にきていることが結構あります。

もちろん、わたしも一人目育児のときは、寝不足でふらふらになりながら子供を抱っこして、いつの間にか外が明るくなっていた!という日を何日も過ごしました。永遠に布団でぐっすり眠れる日は来ないのではないかと思っていました。

寝不足だと、思考が麻痺するし気持ちに余裕がなくなります。

気持ちに余裕がなくなった状態で、SOSを求めて義理の姉に相談しました。

「3か月過ぎたら、子どもは寝てくれるようになるよ」とのアドバイス

そこから私は「3か月の辛抱」と目標を決めて寝不足の日々を乗り切りました。

確かに3か月過ぎたら寝てくれるようになりました。もちろん子どもは一人一人個性があるので、いろいろかもしれません。ただ、そのときはなんかつらい日々を乗り切るための目標が出来て心が落ち着きました。2人目は最初からよく寝てくれる子だったので、寝不足覚悟していた私は拍子抜けでした。(笑)

子どもは個性があって、兄弟でも全然違うんだなと気が付いた1番最初の経験です。

 

いま、子どもが夜寝てくれないとお悩み中のお母さん。大丈夫絶対夜寝てくれるようになりますよー。

もし夜寝れなかったら、昼間に寝て体を休めてくださいね。

無理して、昼間動かなくていいんですよ。育児を乗り切るコツは

「手抜きをすること」

ですと、訪問時伝えています。寝不足を我慢していても、つらくなるだけです。ご主人や手助けしてくれる人を頼りましょう。

まずは、自分の気持ちと体を整えてくださいね。

f:id:hokkori-baby:20200603234352j:plain

 

 

 

 

 

 

上を向いて空を見上げたら気持ちが上がってきました

新型コロナウイルスへの対応を続ける医師や看護師に感謝や敬意を示すため、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、昨日東京上空を飛行した模様が、SNSの投稿などで拝見することが出来ました。

直接は見れなかったけど、

感動!

感激!ありきたりの言葉ですが、広い青空の中をすーっと飛びぬけていく様がかっこいい!!

しばらく、上を向くことを忘れていた・・なんか上を向くと、気持ちも上がる気がする。マスクしていたって、上を向こう。

それに一番うれしかったことは、病院の屋上や病院内から医療従事者の方がたが、満面の笑顔で歓声をあげられていたこと。

激務であろう毎日の勤務のなか、ほんのひととき笑顔になることが出来たと思うと、

こちらまで嬉しくなってきました。まだまだ険しい道は続くかもしれませんが、たくさんの人が医療従事者の方がたには感謝しています。

今日はこちらも快晴です。

こちらにも「ブルーインパルス」さん飛行してきてくれないかなーと思いながら、雲一つない青くて広い空を見上げています。

f:id:hokkori-baby:20200530103746j:plain

 

想定外のこもり生活

北海道(特に札幌)は、まだまだ新型コロナの感染者が落ち着かない中、全国すべて「緊急宣言」が解除されました。最近は外出自粛も慣れてきて、私は仕事は今は在宅中なので家にいることが多いです。ただ、高校は休校中で子どもは家にいるし、テレワーク中の夫も家にいるし、普段は一人でまったり過ごせるはずの昼の日常生活がすっかり変わったことで、ストレスが知らず知らずにたまってしまい先日体調を崩してみたものの、この時期念のためコロナを疑い部屋にこもること6日間。体調は1日で回復しましたが万が一家族にうつしてはいけない(やっぱりコロナを疑っています)と思い、家事や洗濯など主婦の仕事から解放😊され隔離生活を送りました。子どもが小さかったら出来なかったかもしれません。

こんな形で一人でまったりすることは想定外でしたが、今回のことで学んだことは・・・。

こもり生活は2日間くらいが限度です。動くことがないので体力も落ちました。

ただ、途中から夫が隔離部屋にテレビを持ってきてくれたので、思う存分ドラマが見れたことはラッキーでした!!

今も変わらず平日も家族でステイホームしています。今の生活に慣れてきてストレスも感じなくなりましたが、テレワークが変更したり、来週からぼちぼち学校が始まるようです。数年したら子どもは進学で家を出ていくかもしれないので、「昼ご飯つくるの面倒くさい」と思わずに、子どもと過ごす貴重な時間と考えると、なんだか悲しくなりました。

私がこもり生活をしていた時は、子どもが3日間も夕飯を作ってくれて、部屋に届けてくれて、料理好きの優しい子に育ってくれて感謝しかありません。

今度は私が受験を応援する番です。

f:id:hokkori-baby:20200525234012j:plain

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも忘れない出産体験

5月20日。
24年前娘を出産しましたが、今でもその時のことは鮮明に覚えています。
きっと、何十年たっても、出産の体験は忘れないんだろうなと思います。
病室から見える桜がきれいに咲いていました。
それと、その場面を鮮明に覚えていたり、なぜか!周りの人たちの言葉はしっかり覚えているのですよね。(苦笑)私は嫌なことを言われなかったけど、新人の助産師さんが先輩助産師さんに怒られているのがとても気になりました(苦笑)
当時の出産は、陣痛室は数名の妊婦さんがカーテンで仕切られただけで同じお部屋で過ごし、分娩が近ずくと分娩室に移動していました。立ち合い分娩もありませんでした。
陣痛室に家族のかたが入っていたと思いますが、当時私は静岡県に住んでいて3歳の長男がいたので、北海道に里帰り分娩したので陣痛室でだれに付き添ってもらうこともなく、ただひたすら一人でたえました。(2回目だから少し余裕もありました)
今は時代も変わり、LDR(陣痛、分娩、回復)室で陣痛室から分娩室まで移動がなく体への負担が少ないことや、個室のためご家族と一緒にお産に臨めることができます。
しかし、今は新型コロナウイルスの影響により、立ち合い分娩が夫のみになったり、立ち合い分娩そのものが中止になっているそうです。また、入院期間中の面会も感染防止のために禁止になっていると聞きます。里帰り分娩も自粛するようにと言われています。
妊娠中の、母親教室や両親教室も中止している自治体が多いと思います。

予定していたことが、どんどん中止となり不安に思われている妊婦さんやご家族の方は多いと思います。
お産のときはぜひ助産師さんを頼ってくださいね。

でも、24年前に出産を経験した私が言えることは、「大丈夫です!なんとかなります!!」軽い言葉に聞こえたらすいません。でも、すごーく前に、助産師(婦)として働いていた経験から、誰一人として途中でお産をあきらめる人はいませんでした(経腟、帝王切開かかわらずです)
当時はまだ出産経験がなかった私ですので、ただただ「女性は強い!!」と思っていました・・・・・
今は、普通にできていたこと、当たり前だと思っていたことが出来なくなっていますが、妊婦さんが今できることで素敵な出産体験出ができることを願っています。

 

数年、数十年後に「コロナで大変な時だったけど、がんばってあなたを産んだのよ~」と、お子様に自慢しちゃいましょう♡♡♡

f:id:hokkori-baby:20200520165147j:plain